私たち49アセットマネジメント株式会社のホームページをご覧頂き、ありがとうございます。

私たちはこれまで数多くの法人様の法務業務、ご親族間の相続業務のサポートをする中で、相続等をきっかけとして図らずも非上場会社の譲渡制限株式を保有してしまった様々な皆様のお悩みに触れてまいりました。

譲渡制限株式も表面的には資産ではあります。
ですが、閉鎖的な小規模会社、親族経営の会社などの株式ともなれば、実際には配当を受けることもできず、株主として経営に意見に反映させることもできず、保有しているメリット、意味が全くないといった状況も世の中では数多く存在します。

想像してみて下さい。
「保有していてもメリットが全くない」だけにとどまらず、「保有していることがご自身にとってデメリットでしかない」状況が存在することを。
 事実上無価値であるはずの譲渡制限株式を保有していることによって、将来過大なる相続税等の納税義務をご自分のお子様やご家族に負わせてしまう未来が訪れうるのです。

譲渡制限株式は一般的な株式市場では売買されません。収益性、換金性が非常に乏しいので買い取ってくれる第三者を探すのもほぼ不可能でしょう。そして、その株式を発行している株式会社に買い取りの請求をしても、足元を見られて満足な買取条件が得られることは考えられません。

そのようなお悩みをもった皆様への解決策を私たち49アセットマネジメント株式会社はご提案します。豊富な経験と会社法等の関係法令の知識をもとにご満足いただけるサービスをご提供致しますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

買取までの流れ

譲渡制限株式であっても、会社法の手続きに則って、手厚いサポートで買い取りいたします。

ご相談・ヒアリング
お客様からのご相談を承っております。まずは、お気軽にメールにてお問い合わせください。
弊社から折り返しご連絡し、メールにて概要情報をヒアリングさせていただきます。

メールでのお問い合わせはこちら

※ご相談内容につきましては守秘義務を遵守し、ご利用に際しては秘密保持契約書を作成いたします。
ご確認・提案
決算書などの必要書類をご確認・検討させていただいたうえで、買取価格の見積もり・ご提案をいたします。
ご契約
見積もり内容に納得していただけましたら、株式売買契約をいたします。
お手続き
会社法に基づく譲渡承認のお手続きをいたします。
ご決済
お手続きが済みましたらご決済をしていただき完了となります。

当社が買い取ることができる理由

  1. 通常株主は、持ち株数に応じて公平に取り扱われるべき。株主は会社のオーナーであり、会社は株主の利益に反してはならないはず。
  2. しかし、多くの場合、50%以上の支配株主が会社を自由に経営し、49%以下の少数株主を無視するなど不公平に取り扱っている。
  3. たとえば、支配株主は役員報酬を独占し、純利益を減らし無配当を長年継続。また、株主総会も開かない、招集しないなど、少数株主を無視している。
  4. 少数株主が自分の権利を守るためには、株主総会で積極的に意見を述べるか、会社法に基づいて手続きを取る必要がある。
  5. 当社は、会社法の知識や経営のノウハウにより、少数株主として株式発行会社の経営に積極的に関与していきます。

以上の理由により、当社は配当収入などの株主としての利益を実現することができます。

買取価格の考え方の方針
・譲渡制限株式の価格判断は、さまざまあります
・当社は、裁判所や税務署とは別の基準で価格算定します
・相続の際の評価、市場価値、配当の有無、株式数および株主構成、少数株主権の行使のしやすさ、当社が投資を回収するまでの期間や難易度を総合考慮し見積もり価格を算定します
・裁判所が会社訴訟で定める価格よりは低くなりますが、実質的に無価値で相続を考えるとマイナスの財産を、誠意ある金額で買い取ります

ブログ記事

お問い合わせフォーム

ご相談・お問い合わせは、以下のメールフォームにご記入ください。(ご相談・お問い合わせは無料)

※株式が買取対象になるかご不明な場合でもお問い合わせいただければ回答いたします。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    任意電話番号
    必須お問い合わせ内容


    このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    お気軽にお問い合わせください。info@49am.jp24時間受付・対応

    メールでお問い合わせ

    相続対策 相続 対策 現金化 株主負担 株主コスト みなし配当 みなしはいとう 見做し配当 総合課税 そうごうかぜい そうごう課税 かぶしき買い取り 株式 かいとり 無配当 譲渡制限株式 保有割合 49%以下 売買契約 手放す マイナス資産 生前対策 運用困難 株主 負担解消 売却 配当請求 株主権行使が不要 親戚 ストレス 親族会社 人間関係 総合課税回避 税額圧縮 非上場株式 非公開株式 souzoku kabusiki

    PAGE TOP
    MENU